Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge. Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge. Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge.
Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge. Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge. Nucléaire, Conseil, Travaillez avec Oakridge.

原子力分野の 経営者の
みなさまのために…

OAKRIDGEは原子力分野に情熱を抱くエンジニアから成る反応的な民間企業です。当社は世界中のクライアントのエンジニアリング計画に参加し、重要かつ適切な専門知識を提供しております。当社は操業中の原子力施設を専門とする拠点と、新規計画を専門とする拠点を含みます。OAKRIDGEのエンジニアは、原子力施設の一生のさまざまな段階に介入します。構想/エンジニアリング、メンテナンス改良のための開発支援、施設の安全と機能、施設の一生の最後における廃炉のノウハウ、などです。私たちは単一分野の多様な職務、つまり原子力部門におけるあらゆるエンジニアの職務をご提供します。


OAKRIDGEと日本


W.N.E 世界原子力展示会に出展いたしました


この分野では世界最大とされる展示会が、パリ郊外のル・ブルジェ見本市会場で開催されました。

皆様のご訪問に感謝いたします。

...


最新の当社紹介ビデオをご覧ください

 

OAKRIDGEの企業紹介ビデオを見る

情報

WNE 2016 - 第2回世界原子力展示会

第1回の成功に引き続き、OAKRIDGEは、海外のクライアントとの新しい出会いや国際的協力の大きなチャンスが期待されるWNE 2016の開催を心待ちにしております。WNE 2014以来、強力な国際ネットワークを盾に、当社はフランスおよび海外のクライアント独自のニーズに的確に応える効果的なパートナシップの形成を実現する複数のMOUや契約を結び、その優位的地位をいっそう高めてきました。 

 

 W...

W.N.E 世界原子力展示会

「世界原子力展示会」にて数多くの方々にご訪問いただき、ありがとうございました。

写真

IRID(国際廃炉研究開発機構)に画期的コンセプトを提案

2014年8月 - OAKRIDGEは2012年より、フランスおよび日本で日本側パートナーと会合を重ね、特に廃炉にかかわるソリューションについて協力の可能性を模索してきました。

 

今月、IRIDの国際入札を受けて同機関に提案書を提出したことで、OAKRIDGEは重要な一歩を達成したことになります。こうして、OAKRIDGEは燃料デブリ取り出しのための画期的コンセプトを提案しました。


動...

OAKRIDGEとシミュレータ

2014年3月 - OAKRIDGEは7年前より、クライアントの原子炉シミュレータに関するプロジェクトを支援しています。フラマンヴィルや台山のEPR(欧州加圧水型原子炉)などの新規プロジェクトから、保守・修理作業関連のプロジェクトまで、OAKRIDGEのエンジニアはプロジェクトのさまざまな段階に関与しています。OAKRIDGEは、この分野における豊かな経験はもちろん、各種プロジェクトの実施サイクル...

2013年10月 – OAKRIDGEの日本での活動

OAKRIDGEは、在東京フランス大使館経済部主催による日仏原子力会合への参加を嬉しく思っています。その機会にOAKRIDGE社長は日本のパートナーにビジネスの可能性、とりわけ外国での新規プロジェクトと廃炉の争点について紹介する光栄に浴しました。OAKRIDGEは廃炉についてのヨーロッパの英知の集結を代表し、とりわけ樹脂と泥の処理におけるすぐに使用可能なソリューションをもたらします。

...

2013年10月 – OAKRIDGEの中国での活動

四川を訪れる際に、OAKRIDGEはNPICが開始した廃炉に関する活動計画について意見交換ができることを嬉しく思っています。OAKRIDGEとその専門化されたパートナーのネットワークは、進歩的メソッドと最先端技術ソリューションを廃炉事業、とりわけ樹脂と泥の処理にもたらします。

...

2013年10月 – OAKRIDGEの韓国での活動

テジョンを再訪する際に、OAKRIDGE社長はビジネスの機会について韓国のパートナーと意見交換する光栄に浴しました。その射程は外国での新規プロジェクト、既存の発電所および燃料サイクル関連テーマにまで及びます。

...

2013年10月 - 欧州加圧水型炉(EPR)の原子炉容器

フランス電力が運営するフラマンヴィル原子力発電所に現在建設中の欧州加圧水型炉3号機の格納容器が、シャロン=シュル=ソーヌのアレバ社工場を出発し、2013年10月7日に到着しました。重さ426トンになるこの設備は、シェルブールへ辿り着くまで河と海を渡って長い旅をしてきました。ついでディエレット港に到着後荷下ろしされ、工事現場へ辿り着くまでに最後の数百メートルを移動しました。後は原子炉建屋内のしかるべ...

2013年9月 – OAKRIDGEとTRACTEBELのパートナーシップ

GDFスエズとOAKRIDGE SAS間での有意義な会合の手はずを整えてくれましたロワレ県商工会議所にOAKRIDGEは感謝します。二社の強力により、複数のベルギーの原子炉容器にある極小の割れ目の問題に関する、原子力安全局から寄せられた最先端の質問に技術的に返答することが可能となりました。極めて複雑な機会装置の計算およびOAKRIDGEの専門家による解釈により、期日内における再稼働が可能となりまし...

2013年7月 –加圧設備内における腐食-浸食

発電所の加圧設備内に存在する腐食-浸食の現象(Flow-Accelerated Corrosion:流量加速腐食)は、格納容器の突発的決壊を誘発する危険性があります。不幸なことにこれまでその危険性は、1986年にサリー(アメリカ)で、2004年に美浜(日本)で示されてきました。この現象の監視および厚みの減少の予測は、とりわけタービン室で働く人々の安全性にとって大変重要となります。数年来OAKRID...

Oakridgeと日本の経営者

OAKRIDGE社長は2013年3月に、日本の有力な原子力分野経営者とのパリでのビジネス会合に参加する栄誉を得ました。それはビジネスの絆を結び、長期に渡る関係を築く機会となりました。

...

心を揺るがす記憶

福島での災害から二年が経ちましたが、まだ動揺は収まりません。この試練は長期に渡り多くの日本の家庭にかかわります。世界においては、技術および組織の強化、管轄当局および事業者側からの情報開示の必要性をも明るみに出しました。事業に関しては、原子力部門に従事するもっとも楽天的な企業は、原子力「ルネサンス」の時に参入したのと同じ素早さで、この部門から今度は離れようとしています。福島第一原子力発電所での事故に...

OAKRIDGEとGDFスエズ

GDFスエズ・グループのエンジニアリング計画へのOAKRIDGEの参加により、当社はドゥール原発3号基およびティアンジュ原発2号基の再稼働に向けた、現在進行形の重要な活動を間近で見守ることになりました。これらの原子炉は、原子力保安当局によって原子炉容器に多くの欠陥が発見された際、2012年の夏の間に停止しました。事業者は2012年12月に安全な再稼働の可能性を示す技術書類を提出し、AFCN(ベルギ...